株式会社 鈴裕化学
  1. HOME
  2. 製品情報
  3. 加熱膨張性黒鉛 GREP-EG

製品情報

◎ 加熱膨張性黒鉛 GREP-EG

資料PDF

◎ 組成

230℃近辺まで膨張を抑制させた特殊処理加熱膨張性黒鉛

◎ 特徴

  • 各種樹脂に高い効果を発揮するハロゲンフリータイプの難燃剤
  • 少量の配合で、高度の難燃化が達成されます。
  • 樹脂の物性低下を比較的少なく抑える事が出来ます。
  • 樹脂燃焼中に発生する煙を最小限に抑える事が出来ます。

 

◎ 性状

外観
水分
膨張度    
pH
粒径
黒色粉末
0.3% 以下
180~230cc/g(1,000℃)
6.0~9.0
300~400μm

 
粒度分布

+24 mesh 0.5%
+32 mesh 3.0%
+48 mesh 63.5%
+60 mesh 13.0%
+80 mesh 10.0%
-80 mesh 10.0%

 

◎ 膨張状態


膨張前と膨張後


接炎時の膨張状態(動画)

 

◎ 用途

熱可塑性樹脂全般
 

◎ 荷姿

20kg 紙袋
 

◎ 使用上の注意

  • 樹脂へ混練する時は、粒子を壊さないよう、緩やかな条件で混練して下さい。
    粒子が粉砕されると難燃性が低下します。
  • 押出機ベント部で強力なベンチレーション(吸引脱気)を実施して下さい。
  • 押出機ヘッド部でメッシュを使用しないで下さい。

 

◎ 熱可塑性樹脂 赤燐併用での実施例

  PP HIPS LDPE ABS
樹脂 100 100 100 100 100 100 100 100 100 100
GREP-EG   8 10 10   8   10   10
赤燐   4 5 5   4   5   5
水酸化マグネシウム       25            
酸素指数 19.0 26.0 27.0 31.5 18.5 29.5 18.5 28.0 18.5 30.5
UL94 3.0mm HB V0 V0 V0 HB V0 HB V0 HB V0
UL94 1.5mm HB V2 V0 V0 HB V0 HB V0 HB V0

 

◎ 熱可塑性樹脂 ポリリン酸アンモニウム併用での実施例

( FCP-770 → 表面処理ポリリン酸アンモニウムと窒素系難燃剤の複合品 )

  PP HIPS LDPE ABS
樹脂 100 100 100 100 100 100 100 100
GREP-EG 15 15 20 25 15 25 20 25
FCP-770 20 25 15 20 10 25 15 20
酸素指数 28.0 30.0 27.0 28.0 28.0 28.5 27.0 31.0
UL94 3.0mm V0 V0 V0 V0 V0 V0 V2 V0
UL94 1.5mm V2 V0 V2 V0 HB V0 V2 V0

 

◎ EPDM 実施例

EPDM 342 342 342 342
架橋剤 4.3 4.3 4.3 4.3
GREP-EG 25 33.3 16.7 40
赤燐(粉末) 25 16.7 33.3 10
UL94  1.0mm V0 V0 V0 V2

 

ページトップへ戻る